スキンケアより根元から退治!「毛穴汚れ」は食事で改善しよう

メイクでなかなか隠せない毛穴の開き。

汚れの詰まりやたるみが原因で毛穴が閉じることはできなくなってしまっています。
毛穴の引き締めをうたっているスキンケア商品を試してもなかなか治らないし、毛穴の開きって本当に厄介ですよね。
しかし、食事に気をつければ、毛穴詰まりを改善できるかもしれません。
毛穴詰まりの原因は意外と単純。
高い化粧品を買ったり、手間のかかるスキンケアをしたり、難しいことはする必要ありません。
毛穴詰まりを改善してくれる食材を効果的に摂取して、キュッと引き締まった毛穴を手に入れましょう!

毛穴のイラスト

 

なぜ毛穴詰まりは起きるの?

答えは皮脂の過剰分泌。
皮脂が必要以上に分泌されていると、余分な皮脂によって毛穴がつまり、毛穴が拡がってしまいます。

健康的な食品の前で手を合わせる女性の写真

そして毛穴や皮膚表面に留まっていた汚れや古い角質などが皮脂と混ざって酸化してしまい、毛穴が黒ずんで見える原因になります。
Tゾーンや鼻周りに起こりやすいポツポツと目立つ黒ずみは、ほとんどのケースが皮脂の過剰分泌によって起こってしまったものです。もうひとつ原因として考えられるのは新陳代謝の衰え。
『肌のターンオーバー』という言葉は聞いたことがありますか?
普段私たちは、新陳代謝により常に肌が新しく生まれ変わることによって清潔な肌が保たれています。
正常な肌の新陳代謝が行われていないと、本来自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が残ったままの状態になり、毛穴をふさいでしまうのです。
さらに、古くなった角質と皮脂が混ざり合うと、その刺激でますます毛穴が広がってしまいます。

食事で改善しよう!

納豆ごはんを食べる写真
皮脂の過剰分泌や新陳代謝の衰えは食事で改善することができます。
以下、食事で毛穴づまりを防止するためのポイントをご紹介します!

 

1、皮脂分泌を抑制する栄養素を取り入れる
皮脂分泌を抑制してくれる代表的な栄養素に、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCがあります。

pixta_24196661_m

・ビタミンB2が多く含まれる食品
納豆、豚肉、牛肉、サバ、卵黄
・ビタミンB6が多く含まれる食品
にんにく、いわし、鮭、豆腐
・ビタミンCが多く含まれる食品
イチゴ、アセロラ、キウイ、ブロッコリー、ピーマン、ジャガイモ

どんな食品も過剰摂取はあまりよくありませんが、余分なビタミンCは尿と一緒に排出されるため、多少摂りすぎても大きな心配はありません。
逆に皮脂分泌を促進させる食品は控えた方が良さそうです。
糖質や脂質の多い食事、刺激物やアルコールの過剰摂取には気をつけましょう。
食生活での油の摂取量が、分泌量に大きく関係しています。
脂味の多い肉や、揚げ物などの油分の多い食事、ラーメンやスナック類は特に注意!
ファストフードも多く油が使われているので、毛穴が気になる方は量を控えましょう。
ケーキやチョコレートなど、甘いものが好きでよく食べる方も要注意です。

 

2、コラーゲンを摂取する

もつ鍋の写真

肌が乾燥してしまうと皮脂分泌の原因になるので、肌の保湿を高める食事を心がけましょう。
肌の保湿にはコラーゲンとたんぱく質が効果的です。

・コラーゲンが含まれる食品
手羽先、鶏軟骨、牛すじ、豚白モツなど
・たんぱく質の多い食品
肉類、魚、卵など

これらの食品はトマトに含まれるリコピンと相性が良いので、一緒に摂取することがオススメです。
紫外線にはお肌のコラーゲンを破壊してしまう働きがあるので、肌を紫外線から守ってあげることも大切です。

 

3、新陳代謝を促す食品を取り入れる

ナッツの写真

先ほど言ったように、新陳代謝は肌のターンオーバーにとても重要。
肌をちゃんと生まれ変わらせてあげて、毛穴レスの綺麗な肌を目指しましょう!
新陳代謝を促す代表的な栄養素としては、ビタミンEアスタキサンチンなど。

・ビタミンEが多く含まれる食品
ナッツ類アボカドカボチャ
・アスタキサンチンが多く含まれる食品
イクラカニエビ

また、新陳代謝と身体の健康には大きく関係があるので、何よりもバランスの良い食事をとることが重要になります。
油分を極端に減らしたり、肌によいとされる食品を過剰に摂りすぎるのもよくありません。

 

食品のイラスト

今回紹介した食品を日常的にあまり摂取していなかったら、意識して摂取するようにし、その他の食事ではバランスの良い食生活を心がけましょう。
肌のターンオーバーには約45日かかると言われています。
一日二日で効果が現れるものではないので、根気よく続けましょうね!
体の中から改善して、毛穴の目立たない綺麗な肌を目指しましょう。