料理にもスイーツにも!美容効果がぎゅっと詰まった『水切りヨーグルト』

『水切りヨーグルト』って知っていますか?

ヨーグルトを豆腐のように水切りし、クリーミーで濃厚な食べ応えのある水切りヨーグルト。
近年ではギリシャヨーグルトとしても店頭に並び、スーパーやコンビニで手軽に買えるだけでなく自分でもとっても簡単に作れちゃうんです。
そんな水切りヨーグルトの嬉しい美容&ダイエット効果とオリジナルレシピをご紹介します!

pixta_13862063_m

水切りヨーグルトとは、名前の通りヨーグルトから水分を抜いたヨーグルトのこと。
水分を抜いたことでクリームチーズのような固さになり、濃厚でお料理やデザート、調味料としても幅広く使えます。
もともとヨーグルトは、高たんぱく低カロリーカルシウムを多く含み、乳酸菌が腸内の善玉菌を増やしてくれる働きによって整腸効果が期待できる美容と健康に最適な食品です。
水切りすることにより、一層栄養素がぎゅっと凝縮されるのでより効率的にヨーグルトの栄養を摂ることができます。

水切りヨーグルトの作り方

pixta_24292014_m

スーパーやコンビニでも買えるのですが、自分でも簡単に作れちゃいます。

材料は
・お好みのヨーグルト
・キッチンペーパーやガーゼなど
・ボウル
・ざる
の4つ。

ボウルにざるをセットし、キッチンペーパーを中に敷いてお好みのヨーグルトを入れ一晩置くだけ。

ボウルにヨーグルトの水分が溜まり、凝縮された水切りヨーグルトが完成!
ヨーグルトはプレーンタイプ、加糖タイプ、フルーツなどの味がついたタイプなど、お好みのもので大丈夫ですが、幅広く使えるプレーンタイプがおすすめです。

ボウルに残った水分もホエイと呼ばれ、栄養豊富なのでぜひ捨てずにジュースと割るなどして飲んでくださいね。
コットンやマスクにたっぷり染み込ませて肌にパックをすれば美肌効果もあるそうです。
余すことなく使えるのも水切りヨーグルトの魅力のひとつです。

 

料理にも使える水切りヨーグルト

stuffed cabbage leaf

そのままハチミツやジャムをかけてもおいしく召し上がれるのですが、デザートだけにしてしまうのはもったいないほど万能に使えます。

例えば
・お肉を漬け込めばお肉がやわらかくなる
・ビーフシチューや煮込み料理にのせればサワークリームのような味わいに
・ツナやにんにくなどを混ぜてポテトやクラッカー、野菜スティックなどのディップに
・チーズの代わりにトマトと合わせ、カプレーゼに
・マヨネーズの代わりにサラダのドレッシングにも
活用方法はさまざま。

 

今回はオリジナルレシピとして、ポテトサラダに使ってみました。

水切りヨーグルトのベーコンポテトサラダ

水切りヨーグルトのベーコンポテトサラダ

マヨネーズの代わりに水切りヨーグルトを使ってカロリーダウン
チーズを加えてダブルのイライラ防止&整腸効果
こんがり焼いた厚切りベーコンとブラックペッパーでスパイシーに。

材料
・じゃがいも 中4つ
・ベーコン 60〜70グラム
・ベビーチーズ 4つ
・水切りヨーグルト 100グラム
・塩 適量
・ブラックペッパー 少々

1、じゃがいもの皮をむき、竹串がすっと入る堅さになるまで茹でる。(10〜5分)
2、茹で上がったらお湯を捨て、フォークなどで荒くつぶしてあら熱をとる。
3、ベーコン、チーズを好きな大きさに切る。
4、ベーコンをこんがり焼き色がつくまでフライパンで炒める。
5、じゃがいもにヨーグルトをいれて混ぜる。
6、ベーコン、チーズ、塩、ブラックペッパーを入れ混ぜ合わせて完成。

チーズが溶けてしまわないよう、じゃがいものあら熱はしっかりとりましょう。
スパイシーなのにヨーグルトでさっぱりいただけます。

詳しくはこちら↓

デザートにするだけではもったいない水切りヨーグルトの活用法。
みなさんもぜひ作ってみてくださいね!