ランチに最適!コンビニでダイエットメニューを選ぶ3つのテクニック

ランチはコンビニで手軽に済ませたい!

コンビニのお惣菜メニューは栄養が偏っている上に高カロリーなものが多いです。

コンビニ弁当
そのため、体型を気にしている人は敬遠してしまいがちなのではないでしょうか?
しかし、仕事の合間にランチで低カロリーかつ栄養豊富なものを買いに行く時間なんてありません。
そんな方のために、コンビニでダイエットメニューを選ぶテクニックを教えます!

 

コンビニでダイエットメニューを選ぶテクニック

・麺類を食べる時は具材の多い商品を選ぶ

コンビニ麺
麺類は炭水化物なのであまりおすすめしませんが、どうしても麺類を食べたいときは具材の多い商品を選びましょう。
同時にビタミンCとビタミンB群を摂るとストレス解消につながるだけでなく、パワーがみなぎってくるようになります。
たとえば具がたくさん入っている『ちゃんぽん+ビタミンCが摂れる果汁100%のオレンジジュース+ビタミンB群が含まれているゆで卵』などの組み合わせがおすすめです。

〈ビタミンCが含まれているコンビニ食品〉

グレープフルーツジュース
ブロッコリーとキャベツが入ったサラダ、アセロラドリンク、グレープフルーツジュース

〈ビタミンB1が含まれているコンビニ食品〉

枝豆
枝豆、たらこのおにぎり、ハム

・食材が多く、野菜をたくさん使っているお弁当を選ぶ

弁当
野菜>おかず>ごはんの順番で多く摂るように心がけましょう。
また、色とりどりの野菜が入っていることも大切なポイントです。

・ごはん・パンにビタミンB1の食品を加える

豆乳
女性に多いのが炭水化物に偏ってしまうことですが、炭水化物をエネルギーに変えて午後からも頑張るためにはビタミンB1の食品を一緒に摂ることが大切です。
ビタミンB1が含まれている食品は豚肉・大豆・昆布などがあります。おにぎりに加えて豆腐や納豆などの大豆製品を摂るようにすれば理想的です。

 

ダイエット中は要注意!なコンビニ食品例

・パスタ類

コンビニ麺
コンビニのパスタ類は麺がかなり多いので、炭水化物を摂り過ぎている上に血糖値が急激に上がってしまうのです。

・惣菜パン・菓子パン

コンビニパン
値段が安いため、ついつい手に取ってしまいますが、かなりの高カロリーな上にこちらも炭水化物の摂りすぎです。

・フライコーナーの揚げ物
レジ横にあるので買ってしまいがちですが、カロリーが非常に高いので避けましょう。
しかもコンビニの揚げ物は古い油を使っているので余計な老廃物を溜めることになってしまいます。

・サンドイッチ
サンドイッチはカロリーがそこまで高くなさそうに思いますが、実はマヨネーズなどが入っているため高カロリーなのです。
また、添加物もたくさん含まれているので老廃物を溜めるきっかけになってしまいます。

 

上手に選んでストレスフリーに痩せる!

ダイエット
ダイエット中だからコンビニの食品は控えなければならないわけではありません。
きちんとダイエットメニューを選ぶテクニックさえ守れば、コンビニを活用しても痩せることはできるのです。
便利なコンビニが使えないなんてストレスですよね?
コンビニの食品を逆に利用して痩せ体質を作りましょう!