Youtubeやテレビで話題沸騰中!30秒で簡単に肩こりが解消される「あべこべ体操」とは?

あべこべ体操とは?

あべこべ体操は、youtubeでもう260万回以上も再生されている体操です。
さらにテレビでも特集されるほど話題になっています!

では、なぜここまで話題になったのでしょうか?
あべこべ体操
魔法みたいに肩こりや首こりを消す事ができるからです。

このあべこべ体操を考えたのは、北洞誠一先生という方。
その名の通り、体のパーツを反対方向に動かしたり、一部のパーツを固定して一部のパーツだけを動かしたりと、反対(あべこべ)の動きをするのが特徴です。

あべこべ体操は普段なかなか行わない動きなので、最初は難しく感じる方もいるかもしれません。
しかし、このなれない動きが普段使わない筋肉を使い、体の緊張やこわばりを解消し、体のハリやコリを簡単にリセットできるという仕組みです。

肩こりに効くあべこべ体操のやり方

ではさっそく、肩こりに効くあべこべ体操から実践してみましょう!

引用:https://youtu.be/nt5ERNh0Qko

【基本の動き】
(1)手を組んで頭の後ろに持っていく
(2)天井を見上げて背筋を伸ばす→下を向いて背中を丸める

【目の動きをあべこべに】
(1)天井を見上げて背筋を伸ばす時に、目で下を見ようとする
(2)下を向いて背中を丸める時に、目で上を見ようとする

【頭と背中の動きをあべこべに】
(1)天井を見上げる時に、背中を丸めようとする
(2)下を向く時に、背筋を伸ばすようにする

【頭とお尻の動きをあべこべに】
(1)右手を頭の左に引っかけて右に倒す
(2)お尻を左右に浮かせるようにして振る
※リズミカルに5回やったら、反対も行う

腰痛に効くあべこべ体操のやり方

次は腰痛に効くあべこべ体操です。

引用:https://youtu.be/nq_ZRRkdZcs

【基本の動き】
(1)両手の甲を脇腹に当てる
(2)お腹と胸を前に出して、肘を後ろに回す
(3)背中を丸めて、肘を前に倒す

【ひじと骨盤の動きをあべこべに】
(1)肘を後ろにする時に、おへそ(骨盤)も後ろに
(2)肘を前に倒す時、おへそ(骨盤)も前に出す

実は気づいていない隠れ肩こり

自分は肩こりがひどい!と感じている方なら良いのですが、肩こりの症状をまったく自覚していないのに実は肩の筋肉はガッチガチだという場合もあります。
あべこべ体操
・なぜか顔が痛い!という日々が続いている
・目の奥が疲れているように感じる
・左右を向こうとしたらなんとなく違和感を感じる
・上を向いてうがいをするのが難しい

こんな症状があったら、隠れ肩こりの可能性が高いです。
そんな隠れ肩こりもあべこべ体操で解消しましょう!

あべこべ体操の効果

あべこべ体操は、いつでもどこでもとても簡単にできます。
あべこべ体操
1つの動きにたった1分かけるだけで様々な効果が期待できます!

・体が軽くなる。柔らかくなる
・筋肉のコリやハリが軽くなる
・コリやハリによる痛みが軽減する
・血行が促進されて脳の活性化にもつながる
・動きが滑らかになってきように動けるようになる

やってみるまでは正直なところ、「胡散臭い…」という思いが多いでしょう。
でも、やってみたら「すごい!」と驚かれる方が本当に多くいます。

あべこべ体操のコツ

・添える手に力を入れずに無理に伸ばしたりしないこと
・力を入れずに、ゆっくりした動作で行うこと
・息を止めないこと。きちんと吸って吐くを繰り返すこと

この3つをきちんと守れば、あとは自己流でも大丈夫です。
最初はややこしく感じるかもしれませんが、慣れるととても簡単です。
慣れるまで映像を見ながら何度かやってみると、徐々に覚えていけるでしょう。

まとめ

あべこべ体操ははじめ、なんだか胡散臭い…と感じるような体操かもしれません。
Youtubeでは「ニューストレッチ」という名前がついているのでなおさらです。
ただ、首コリや肩コリは放置しておくと良いことは何もありません。
この体操は確かに効果があった!という声が多い、すごく簡単な解消方法です。
ぜひマスターして、首も肩もフニャフニャな状態を目指してみてくださいね。