ご近所さんにもバレない!自宅でこっそり有酸素運動ダイエット7選

身体の脂肪が気になり始めたのでダイエットをしている人もたくさんいると思います。
ダイエットにはウォーキングやジョギングが手軽に誰でもすぐに始めることができますが、天候の加減により、できる日とできない日が出てきます。
そこで今回は室内で手軽に行える有酸素運動をご紹介していきます。

 

運動したいけどこっそり痩せたい

こっそり
ダイエットしたいけどやっぱりジョギングなどをしていると近所の人に見つかって、すぐに周りの人に知れ渡ってしまうかもしれませんよね。
仮にダイエットが成功したらまだいいかもしれませんが、失敗して全然痩せることができなければ、あの人はダイエットに失敗したなどの噂が回ってしまうかもしれません。
それが嫌な人に最適なのが、自宅でこっそりできる有酸素運動です。

 

ダイエットに適している有酸素運動

歩く
ハードな運動を行えば酸素が欠乏し息が上がりますが、有酸素運動はゆっくりと行うためしっかり酸素を補給しながら運動できます。
運動し始めは血液中のエネルギーを使用して運動を続けますが、ある一定以上運動を続けると、体内に蓄えられているエネルギーを消費していきます。
この消費されるエネルギーが脂肪ですので、脂肪を消費していくことでダイエットにつながるというわけです。

 

自宅でできる有酸素運動のポイント

運動前
自宅で行う際には以下のポイントに気を付けておかないと有酸素運動になりません。
・無理をせずに続けられる
・しっかりと酸素を取り入れながら行える
これらのポイントを押さえておくだけで有酸素運動になりますので、頭の中に入れておきましょう。

 

自宅でできる有酸素運動

では実際に自宅で行える有酸素運動をご紹介していきましょう。

1、踏み台昇降

踏み台こちらは自宅にある階段や段差を使えば簡単に行える有酸素運動です。
方法はとても簡単で段差を登って降りることを繰り返すだけ。
これならTVを見ながらがらでも行えます。

2、スクワット

スクワット
スクワットといえばとてもきついイメージがあると思いますが、ここでご紹介するスクワットは腰を下まで下ろさずに途中までで大丈夫です。
また手の反動も利用していいので、そこまできつくなく長時間続けることが可能です。

3、エア縄跳び

エア縄跳び縄跳びも有酸素運動に適しているのですが、家の中でやるとなると場所がどうしてもとれません。
エア縄跳びなら、縄を使わずに縄跳びをしているのと同じ運動ができますのでおすすめです。
また縄がないので引っかかる心配もなく、継続して跳ぶことができます。

4、もも上げ

ももあげもも上げは有酸素運動のほかに腸付近の筋肉を鍛え、腸の働きを活性化してくれます。
方法は、まっすぐ背筋を伸ばして立ち、膝を股関節よりも高く上げるだけ。

5、フラフープ

フラフープ30分フラフープを行った場合の消費カロリーは300キロカロリーととても高消費。
ダイエットにはとても有益なエクササイズです。

6、シャドーボクシング

シャドーボクシングボクシングはとてもエネルギーを消費するスポーツですので、自宅で行うことでより多くの脂肪燃焼につながります。
またパンチは腰をひねって行いますので、腰やおなかの引き締めにも有効的です。

7、ヨガ

yoga
ヨガは深い腹式呼吸を行うので、必要な酸素を豊富に取り込むことができます。
酸素が体内に行き渡ることで肌が健康になったり、便秘が解消されるなどの効果も期待できます。

 

有酸素運動をより効果的にするコツ

せっかく有酸素運動を行っているのに効果があまり現れないとモチベーションが下がりますよね。
そこで有酸素運動をより効果的にするコツをいくつかご紹介します。

1、有酸素運動前に筋トレを行う

腹筋筋トレを行うことで脂肪を分解する働きがある成長ホルモンが分泌されますので、より効果的に行うことができます。

2、運動量を上げすぎない

運動後
よりハードな運動を行えばその分痩せれると考える人もいますが、それは違います。
ハードな運動を行えば体温が上昇しますよね。
体温が上昇してしまうと脂肪分解酵素のリパーゼの働きが鈍くなってしまい結果的に痩せにくくなってしまいますので、適度な運動量を意識しましょう。

3、運動時の空腹は避けましょう

おなか
空腹状態になると筋肉の糖分をエネルギーとして使用してしまうので、脂肪をエネルギーとして使用しなくなってしまいます。運動前にはエネルギー源を補給してから行うようにしましょう。

 

まとめ

ダイエット
いかがでしたか?
ダイエットも工夫すれば自宅で簡単に行うことができるのです。
有酸素運動なら手軽で無理なく行えますので、継続してダイエットを成功させましょう。