便秘の原因は食事中の姿勢かも!食べる姿勢と消化の関係

便秘の人は姿勢が悪い!?

便秘で悩んでいる人は少なくありません。
体調によって便秘になる人もいれば、慢性的に便秘気味だという人も多いですよね。
便秘になると老廃物が体内にたまり、肌荒れを起こしたり病気を引き起こしたりします。
その便秘の原因について考えたことはありますか?
実はあなたを悩ませる便秘の原因は、食事中の姿勢かもしれませんよ。

空腹

<姿勢と消化の関係>
前傾姿勢や猫背などの悪い姿勢の状態だと腹部が圧迫されているので、腸を押してしまっています。
これでは腸の働きが悪くなるので消化にも支障をきたします。
その結果、便秘症状を引き起こしてしまうのです。

 

姿勢の悪さがもたらす影響

姿勢
日本人は猫背など姿勢が悪いとよく言われます。
姿勢や体のゆがみは子どもの頃から蓄積されてクセとなっているので、意識的に良くしようとしないと治りません。
悪い姿勢でいることは便秘以外にも様々な症状を引き起こします。
体の一部に負担がかかるので、肩こりや腰痛を引き起こし、それがさらに頭痛や目の疲れの原因にもなります。
また、血液の流れが悪くなることで冷え性やむくみの原因になることもあります。
姿勢が悪いということだけでこれらが引き起こされてしまうのです。

 

食事中の正しい姿勢

姿勢
食事中やデスクワークの時など座っている際の姿勢について気を付けるポイントは2つです。
・肩の力を抜いて自然に背筋を伸ばすこと
・足を閉じること
この2つを意識して座ると体に負担がかかりません。
背筋を伸ばして「姿勢を良くしよう」と意識をしすぎると肩に力が入って、余計に負担がかかるのでスッと力を抜きましょう。
足は組まずに閉じて座ることでより自然に背筋を伸ばすことができます。

 

その他に考えられる便秘の原因

食事
姿勢の悪さの他には食生活の乱れホルモンバランスの乱れが原因として考えられます。
炭水化物やタンパク質を多く摂って、ビタミンや食物繊維が少ないような食生活をしていると腸の動きが悪くなり便秘を引き起こします。
栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

便秘解消のために気をつけたいこと

姿勢
便秘を解消・予防するためには栄養バランスに気を付けて食事を摂ることや良い姿勢を保つこと、また日頃から運動をすることを心がけると良いですね。
運動をすると血液の流れが良くなったり、新陳代謝が良くなったりして腸の働きが活発になり便秘解消につながります。
そしてせっかく活発に動いている腸の邪魔をしないように、正しい姿勢でいるようにしましょう。