「ガムも歯ブラシもない・・・」口臭が気になったときの緊急対策8選

『息は顔』と言われています

臭い

『第一印象は顔で決まる』という言葉があるように、人の印象は一瞬で決まることが多いようです。
だとすると、『息』もここでいう『顔』と同じ。
他人の口臭が気になり、残念ながらその人の印象が悪くなった経験はありませんか?
自分でもできるかぎり気を配りたいものですよね。

 

気づいたときにできる緊急対策

口臭が気になったときに、必ずケアできる準備が整っているとは限りません。
そこで、出先など、緊急時にも役立つ対処法をいくつかご紹介したいと思います。

<緊急対策その1、水やお茶を飲む>

緑茶口臭の原因がバクテリアの繁殖だった場合、多くは口の中が乾いていることによるもの。
水やお茶を飲んで、口の中を潤しましょう。
緑茶には殺菌効果があるので、特におすすめです。

<緊急対策その2、氷を口に含む>

氷

こちらも、口の中を潤すのに効果的。
移動中などでゆっくり休んでいられないのなら、水の代わりに氷を含むといいでしょう。

<緊急対策その3、うがいをする>

うがい

うがいも口の中を潤す効果があります。
さらに、繁殖したバクテリアも洗い流せ、一石二鳥。
うがい薬やマウスウォッシュがあればいうことありませんが、なくても十分口臭対策になります。

<緊急対策その4、梅・昆布を食べる>

おしゃぶり昆布
出典:amazon

梅は唾液の分泌をうながしてくれます。
ほかに、口にいれるといい食べ物としてあげられるのが昆布。
昆布に含まれるクロロフィルやキサンチンが保湿成分を作り出し、口の中を潤わせてくれるのです。

<緊急対策その5、すっぱいものを思い浮かべる>

すっぱい

実物を持っていない場合は、梅干しなどを食べるところを想像するだけでも大丈夫。
要は、唾液が分泌されればいいのです。

<緊急対策その6、りんごを食べる>

りんご

実はりんごも、唾液の分泌をうながしてくれる食べ物。
柑橘類には、梅干しと同じクエン酸が豊富に含まれているのです。

<緊急対策その7、舌を動かす>

舌

もっとも手っ取り早い手段としては、舌を動かすというのがあります。
口の中で、左右10回ずつまわすように動かすだけ。
これだけで舌が刺激され、唾液の分泌に繋がりますから、なにも持っていないときなどはこの方法を試すといいでしょう。

<緊急対策その8、鼻呼吸をこころがける>

鼻

どうやっても口臭が気になるときは、応急処置として、においを外に出さないようにするしかありません。
できるだけ口を開けないようにする、すなわち、意識して鼻呼吸をするのです。

 

根本的な原因の解決も忘れずに

ポイント

緊急対策としてその場をしのいでも、原因を取り除かなければ、また、いつ同じようなことになるかわかりません。

・歯周病
・虫歯
・胃腸の不調

これらは、治すしかありません。
口臭だけでなく、体のためにもぜひ気を配ってください。

Coffee

・カフェイン(コーヒーなど)
・アルコール
・たばこ
・においの強い食べ物(にんにくなど)

これらを摂らないようにできない場合、せめて舌苔を取り除くようにしましょう。
舌苔とは、舌の上にできる白い部分。
実は、この部分に付着したにおいがいつまでもとれず、口臭の原因となりやすいのです。
ただし、完全に取り除くのも体によくないので、適度な掃除を心がけてください。

口をあける

緊急対策としてあげた鼻呼吸ですが、実はこれは口臭の改善にもなるのをご存じですか?
なぜなら、口で呼吸をすると、そのぶん口の中が乾きやすいから。
口呼吸をしているようなら、予防の意味でも、この機会に鼻呼吸に切り替えてみてはいかがでしょうか。