老け顔の根源!?ほうれい線の原因と簡単エクササイズ

あるだけで10歳老けてみえる!?ほうれい線の原因

ほうれい線が出来る大きな原因は頬のたるみにあります。
加齢とともに表情筋の筋肉が衰えてきて、目の周り、頬、首のラインなどに癖ができ、それがシワやほうれい線になるのです。

また、長年蓄積された紫外線によるダメージにより肌が乾燥し、肌がたるんでほうれい線を引き起こす可能性があります。
しかし、ほうれい線が出来る原因はたるみだけではありません。
原因はストレスや、暴飲暴食、目の疲れ、喫煙、睡眠不足、顔のむくみと言った日常生活にも潜んでいます。また、スマホの見すぎや過度のダイエットなどが原因で、シニア世代だけでなく若年層にもほうれい線での悩みが広がっています。
ほうれい線写真

ほうれい線ってやっかいですね。そこでほうれい線が気になりだした方も予防したい方も改善エクササイズで悩みを吹き飛ばしてしまいましょう。

これでスッキリ!ほうれい線改善エクササイズ4選

どれも簡単なエクササイズばかりです。思い出した時やテレビを見ながらやってみましょう。

【表情筋エクササイズ】
① 両頬に空気をいれて、ぷう…とふくらまし、(風船をイメージして)ゆっくり10を数えます。
② 両頬の空気を抜いて口をずぼめ、頬をへこませます。こちらも、ゆっくり10を数えます。
これを5セット行いましょう。

【あいうえお体操】

あいうえお体操あ、い、う、え、おと口を動かすだけです。声を出す必要はありません。大きく口を開けるのがポイントです。
…口と目を大きく開けます。その際に目の周りの筋肉と口の周りの筋肉を意識します。
…表情筋に力を入れて口を横に広げます。
…思い切り口をとがらせます。あごの筋肉と口の周りを意識します。
…頬の筋肉を上げることを意識して口を広く高く上げます。
…口を縦に大きく伸ばします。

【ベロ回しエクササイズ】

舌
使っていない筋肉を動かすことが出来るのが最大のメリットです。
※やり過ぎは逆効果になるので注意が必要です。
① 左、右どちらからはじめてもよいです。まずはゆっくり舌先が歯茎の奥をなぞるようにしてなるべく遠くに大きく20回まわすようにします。
② 20回まわしたら今度は反対方向に20回まわします。
慣れないうちは回数を10回~15回から始めるとよいでしょう。慣れてきたら徐々に回数を増やしていきます。
これを1日に3セット行います。起床時と就寝前に行うと効果的です。

【指押してはさみエクササイズ】
こちらは指を口の中に入れて行うエクササイズです。入浴中に行うと、体が温まって効果も期待されます。
※爪が長い場合はしっかりと切り、行う前は手を洗ってからやりましょう。
① 鏡を見て、小鼻のほうれい線に当てるように口の中から人差し指で押さえます。
② 反対の指で口の中で押してる場所を押さえて挟みます。
③ これをほうれい線に沿って行き、ずらしながら押さえます。
顔エクササイズ

毎日のほうれい線予防方法

エクササイズで改善することも大事ですが、事前の予防もしっかり行うと若々しいお肌でいられますよ。

1.毎日紫外線対策をしっかりする
紫外線は季節に関係なく降り注いでいます。季節に関係なく、日焼け止めを塗りましょう。普段ならSPF30~50くらいのもので1日に3度くらいの薄塗りがおすすめです。外出時、日差しが強いときは帽子や紫外線カットの眼鏡をするのもお勧めです。
2.喫煙を避ける
3.十分な睡眠をとる
最低でも6時間は睡眠をとりましょう。
4.バランスの良い食生活
ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸などは不足しがちですが、普段の生活では中々取り入れられないので、サプリメントで補うのも1つの方法です。

いかがでしたか?ほうれい線も、早いうちからの予防とエクササイズでだいぶ改善される事がわかったと思います。
どの方法も、継続しなければ効果は表れません。継続は力なり!です。
毎日のリラックスタイムに、エクササイズを加えてみるのもよいかもしれません。
簡単に出来る方法ばかりですので、今日から、習慣にして老け顔からさよならしましょう。
綺麗な女性