骨盤底筋を鍛えて垂れたお尻とぽっこりおなかをスタイルアップ!

骨盤底筋って?

姿勢骨盤底筋とは、体を支えるインナーマッスルのひとつ。
骨盤の底にある筋肉の集まりで、子宮・膀胱・直腸などの内臓を支えています。
肛門・尿道・膣を締める役割があり、女性にとってとても大事な筋肉です。
この骨盤底筋を鍛えることで様々な体の不調が取れることはもちろん、体幹が整えられスタイルアップにもつながります。

 

骨盤底筋が弱る原因とは?

デスクワーク

20代から徐々に衰えてくる骨盤底筋ですが、生活習慣によっては全く使うことができない筋肉です。
出産や加齢、長時間のデスクワークや高いヒールを履く習慣のある人などから骨盤底筋肉が弱ってきます。
インナーマッスルを使うことを意識して生活をしないと、下半身に脂肪がつき、筋肉はどんどん衰えてしまいます。

 

骨盤底筋肉が弱るとどうなる?

おなか

骨盤底筋が弱ると骨盤自体が歪んでしまいます。
それによって、いくら運動して脂肪を落とそうとしてもなかなかうまくいきません。
体重は軽いのにお腹が出ている人や、お尻が垂れている人は要注意。
その他にも、様々な体の症状が現れます。

1、尿漏れ・頻尿
2、便秘
3、子宮脱・膀胱脱などの骨盤臓器脱になる
4、ヒップラインが下がる
5、下腹がぽっこり出る
6、血液やリンパの流れが悪くなりホルモンバランスが乱れる

ボディラインだけでなく、内臓にまで影響が出てしまいます。
当てはまる項目がある方は、今すぐ骨盤底筋を鍛えることをおすすめします!

 

驚くべき効果!健康にも美容にもいいことばかり

小顔

骨盤底筋を鍛えると、女性ホルモンのバランスが整います。
どんな高級美容液よりも効果があるといわれる女性ホルモンの分泌は、皮膚の保水力を高め弾力ある肌を作るのでシミやニキビの改善に役立ちます。
健康面では、肥満解消や冷え性の改善子宮や卵巣の環境を整えることもでき女性にとってはとても良い効果が見られます。

 

骨盤底筋の鍛え方やコツ教えます

鍛え方はとっても簡単!きちんと続けることが大切なのでしっかりやり方をマスターしましょう!

<基本は腹式呼吸>
1、おへその下を意識して、ゆっくりと腹式呼吸をする
2、太ももの内側に力を入れ、5秒間息を吸いながら膣を締める
3、そのまま止めて5秒キープ
4、5秒息を吐きながら力を抜いて膣を緩める

<座って行うトレーニング>
1、背筋を伸ばして椅子に腰掛けます
2、股の間にクッションか丸めたバスタオルを挟みます
3、そのまま基本の腹式呼吸を行います

エクササイズ

<横に寝て行うトレーニング>
1、横向きで寝転がり、体の前に両手をおきます
2、片方の足を(体の上側の足)を上げます
3、基本の腹式呼吸をしながら、足を下ろします。
4、同様に、もう片方の足も行います

どちらも呼吸をしっかり意識して、膣を締めることがポイント!
仕事中イスに座りながらや、立ったままでもできるトレーニングなのでいつでもどこでも骨盤底筋を鍛えることができます。

 

まとめ

ダイエット

いままであまり意識されていなかった骨盤底筋ですが、実は女性にとって大切な筋肉のひとつ。
常に意識して鍛えることでダイエットだけではなく、デリケートな悩みも解決してくれそうです。
美しい女性であり続けるためにも、ぜひ日々の生活にトレーニングを取り入れてみてくださいね。