冬の乾燥を防ぐ!髪の広がりを抑える5つの対策法

冬になると髪の毛がパサつき、広がってしまうという経験は誰もが一度はしたことありますよね。
潤いがあり艶のある髪に比べると、パサついて広がった髪の毛ってあまり美しく見えません。
そこで今回は髪のパサつきの原因や広がりの対策をご紹介していきます。

 

毎年悩ましい冬の髪のパサつき・・・

髪ダメージ

冬になると温度も低く、暖房などを使ったりするので、余計に空気が乾燥してしまいます。
空気が乾燥している場合、髪のお手入れやケア、正しい対策を行っていないとすぐにパサつき広がってしまいます。
では一体どのような仕組みで髪がパサつき広がるのでしょうか。

 

髪の広がりの原因

ダメージヘア

髪が広がる原因は髪自体が乾燥して水分を失っているためです。
髪の毛はキューティクルと呼ばれる薄い膜で覆われており、その中にコルテックスというタンパク質と水分が蓄えられています。
このキューティクルが正常状態なら水分を外に逃がさないのですが、キューティクルがめくれてしまうと、中の水分がめくれた部分から外部に放出されてしまうので、髪がパサパサになってしまいます。
パサついた髪にはほとんど油分がありませんので、その分髪が軽くなり、広がってしまいやすくなります。

 

パサつく髪の対策法

ヘアケア

それではパサつく髪の対策をいくつかご紹介していきます。
すぐに実践できるものばかりですので是非お試しください。

1、シャンプーは1日1回
朝にシャンプーしたけど、ベタついてきたから夜もシャンプーしようという考えはおすすめしません。
シャンプーをすると皮脂が洗い流された後なので、髪の毛には油分がない状態です。
そこから皮脂が徐々に髪の毛を伝って全体に行き渡り、保湿効果などが生まれるのですが、1日2回シャンプーすると、皮脂が全体に行き渡っている途中で再度洗い流されてしまうので髪の毛は常に油分がない状態になりパサついてしまいます。
朝シャンプーが習慣になっている人は夜のシャンプーは我慢しましょう。

2、タオルドライは優しく
濡れた髪はキューティクルがめくれやすくなっていますので、タオルで髪の毛をこするとキューティクルがめくれてしまいます。
タオルで髪の毛を拭く際は、ポンポンッと叩くように水分を取りましょう。

3、髪はすぐに乾かそう
濡れた髪というのはキューティクルが非常にはがれやすい状態になっています。
濡れたまま寝てしまうと、枕と髪の毛の摩擦でキューティクルがめくれてしまうのでパサつきの原因になります。
乾かす際も同じ箇所ばかり乾かすのではなく、まんべんなく乾かすようにしましょう。
温風で乾かした最後は冷風をあて、開いたキューティクルを閉じ込めます。

4、ヘアアイロンの使用は短時間で済ませる
ヘアアイロンのような高温に髪は弱いので、長時間当て続けるとダメージを受けます。
もし使用する際は、できるだけ短時間で低温にして使用するようにしましょう。

 

即効性のある対策法

少しパサついてきて広がってきている、という方には即効性のある対策法をご紹介します。
1つ目はキューティクル補修効果のあるシャンプーを使用することです。
この方法は即効性もありますし、パサつきの予防にも効果があります。

シャンプー
出典:amazon
2つ目は髪に油分を与えるということです。
油分を与える方法としまして、ヘアオイルを使用しましょう。
ヘアオイルを使用することで保湿効果が生まれ、まとまり感もでます。

ヘアオイル
出典:amazon
ヘアオイル
出典:amazon

 

食品でできる天然ヘアパック

卵

ヘアパックをすることで栄養や保湿を髪全体に行き渡らせ、髪質の改善に効果が期待できます。
また食品を使用することで、その食品に含まれる栄養素を髪に浸透させることができますので、食品を使った天然ヘアパックが人気となっています。

ここではタマゴを使ったヘアパックをご紹介します。
タマゴにはタンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、それらの栄養素が髪に浸透することで、とても健康的な髪に仕上がります。
タマゴの白身には余分な皮脂を除去する働きがありますので、皮脂が多い髪には白身のみを使用するとより効果を発揮してくれます。

<タマゴパックの方法>
・まず頭の汚れを軽く流します。
・そして頭皮を覆うようによく泡立てたタマゴを髪全体になじませます。
・約20分そのままにしておき、その後水かぬるま湯で流します。
・後はいつものようにシャンプー、コンディショナーをしてください。
タマゴパックは1か月に1回の頻度で行うのがおすすめです。

 

まとめ

ヘアケア

髪がパサついて広がっているとその人自身も健康的に見えませんし、雰囲気も少し暗く感じてしまいます。
やはり潤いとツヤのある髪を見ていると健康的で印象もよくなりますので、パサつきの対策をしっかり行い、髪も健やかに保ちましょう。