今からでも間に合う!30代からのダイエット

ダイエットを始める前に

レコーディングダイエットダイエットを始める前に、まずしっかりと自分の体の状況を知っておきましょう。
体重はもちろん、体脂肪率、体格指数なども知る必要があります。
自分を知った上で、自分にあったダイエット方法を選びましょう。

 

20代の頃と比較する

あべこべ体操「20代の頃は簡単に体重を落とせたのに」
「20代と同じ生活をしているのに、太ってきた」
こういう悩みを持った30代の方多いのではないでしょうか。
20代の頃と比べ、30代になると代謝が低下してきます。
また30年間改善をしてこなかった生活習慣などは、30代で一気に体に表れてきます。
30代に入るとこれまでとは違うという認識が必要になるのです。

男性の20代の体重1キロあたりの基礎代謝量が、24kcalなのに対して、30代は22.3kcal。
たとえば同じ体重60キロだとしたら、

20代 体重 60キロ×24=1440kcal
30代 体重 60キロ×22.3=1338kcal

それぞれ1日あたりの基礎代謝量なのですが、同じ体重で同じ事をしていても1日で100kcalの差があり、1ヶ月だと3100kcalの差がでてきます。
同じ生活をしていてもこれだけの基礎代謝量の差があるのに加え、意識をしていないと運動量も減ってきます。
これだけ30代に入ってからのダイエットは大変なのです。

 

目標を設定する

アイデアダイエットはモチベーションを保つのが大変です。
いつまでに何キロ落としたい、また健康を保ちたい、決まった洋服を着たい、体重だけを落としたいなど明確な目標をしっかりと決めることが大切です。

意識をしていなくても、食生活を変えるだけで体重を簡単に落とせた20代とは違って、30代からは強い意識が必要です。

 

食べ方とバランス

栄養バランスダイエットを考えた時、食生活の事をよく考えないといけません。
だからといって一気に食事の量を減らしても、リバウンドの原因になりますし、体にもよくありません。
大切なのは、規則正しい食生活をすること。
1日3食バランス良く食べる事が大切になります。

野菜やスープから食べると、一気に血糖値をあげる事を防ぎ、脂肪の吸収も抑えることができます。
お腹もふくれる為、早めに満腹感を感じることができます。
次にタンパク質を多く含む、お肉やお魚などを食べて、最後に炭水化物を摂取するようにしましょう。
炭水化物を空腹状態で食べると一気に血糖値があがるので、脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

タンパク質をしっかり摂る

豚肉高タンパクの食品は、基礎代謝量をアップしてくれます。
この代謝が良いと脂肪を燃焼してくれるため、ダイエットをする人にとっては強い味方。

主なものとして、
■肉類
■魚類
■大豆
があげられます。
ダイエット中はとくにこれらの食品を意識的に食べるようにしましょう。

 

カロリーの目安

カロリーダイエットをするには、摂取カロリーを減らすことはとても有効なのですが、カロリーを下げすぎると体調を壊してしまう原因になります。

30代であれば、

男性 2200kcal~3500kcal
女性 1750kcal~2750kcal

という摂取カロリー目安となりますので、ダイエット中はこのカロリー内でおさえるようにしましょう。
抑えすぎは、健康に影響がでてくるので注意が必要です。

 

リバウンドをしない方法

体重計折角苦労して痩せても、短期間で戻ってしまうもしくは以上の体重になったら悲しいですよね。
リバウンドをしない為には、いくら痩せたからといって、暴飲暴食をしないことが大切です。
朝を一番多く食べて、昼、夜と減らしていくのが一番理想的。
朝昼はまだ体を動かす事になるので問題はないのですが、夜は体を休める時なのでなかなか脂肪を燃焼させにくいもの。

リバウンドの一番の原因は無理な食事制限です。
野菜を多めにとり、食べる順番をしっかり守って食べて、良く噛んで時間をかけて食べるようにしましょう。
そうすれば体質から痩せやすくなり、リバウンドの心配も減ります。

 

おすすめレシピ

こんにゃくステーキダイエットを長く続けるためには、多くのダイエットレシピを知っておくと良いでしょう。
飽きがこなければ、それだけ長く続けることができます。

■野菜たっぷりのトマトスープ
■こんにゃくステーキ
■皮を食べない焼き鳥
■豆腐バーグ など

またソースなどを少しずつ変えても良いでしょう。

まず30代のダイエットで一番考えないといけないのは、20代と違うということです。
20代と同じ生活なのに、太ったという方多いのではないでしょうか。
しっかりと自分の体を理解するところから、30代のダイエットを始めましょう。