簡単!手作り豆乳ヨーグルトダイエットで腸内美人

豆乳ヨーグルトとは

ヨーグルト美容に効果がある豆乳ですが、なんと市販の豆乳を使用して自家製ヨーグルトが作れるんです!
整腸作用に優れ、ダイエットや美肌、健康にもいいとされる豆乳ヨーグルトはクセになる味が美味しいと評判です。

 

豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違い

牛乳牛乳ヨーグルトは、いわゆる普通に売っているヨーグルトのこと。
原料に牛乳が使われています。
牛乳ヨーグルトもカルシウムが豊富に含まれていて健康にいいのですが、コレステロールが含まれているかいないかの違いがあります。
豆乳ヨーグルトはコレステロールを含まないのでさらに健康にいいとされています。

そして、腸内環境を整える意味でヨーグルトを食べている方が多いと思いますが、牛乳ヨーグルトは動物性乳酸菌で菌が腸に届くまでに多くが死滅してしまいます。
いっぽう、大豆ヨーグルトは植物性乳酸菌で動物性乳酸菌より生き抜く力が強く、たくさんの菌が腸へ届きます。
腸内環境を整えるには、豆乳ヨーグルトが最適とされています。

 

豆乳ヨーグルトの効果

豆乳豆乳ヨーグルトに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに関係する更年期障害や、生活習慣病に効果があります。
また、大豆に含まれるたんぱく質はコレステロールや中性脂肪を抑える働きがあるので、肥満予防につながり、ダイエットにつながります。

 

手作り豆乳ヨーグルトのレシピ

ヨーグルトメーカーまず始めに必要なのが『ヨーグルトメーカー』。
市販されていて、安いもので2000円程度から購入ができます。
豆乳は成分無調整のものを使用しましょう。
豆乳のパックをそのままセットでき、菌を入れてスイッチを押すだけでヨーグルトを作るのに適切な温度設定になります。
数時間で自動で電源が切れ、中を確認すると豆乳ヨーグルトが完成しています。
完成したら冷蔵庫で保管するようにしましょう。

ヨーグルトメーカー
出典:amazon

ヨーグルトメーカー
出典:amazon

 

<豆乳ヨーグルトを作る上での注意点>
菌を扱うことから、雑菌などの心配が問われることのある手作りヨーグルトですが、きちんと市販の菌を使用してすぐに冷蔵庫で保管することを心がければ安心・安全に行うことができます。
食べる分だけ作り、出来たてをすぐに食べるようにしましょう。

 

豆乳ヨーグルトにおすすめの菌

ヨーグルト

●ケフィア
ケフィアは複数の乳酸菌と酵母も共生して発酵します。
善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きがあり、糖質をエサにして分解します。
ケフィアは生きた菌なのでスーパーなどでは販売しておらず、インターネットで簡単に購入ができます。
粉末を豆乳に入れるだけなので安心・安全な菌になります。
食べたときにピリピリした感覚があるのも特徴です。

●R-1
市販のR-1ヨーグルト(ドリンクタイプ)を豆乳に入れて発酵させると、R-1を元にした豆乳ヨーグルトが完成します。
R-1乳酸菌は免疫力アップに効果があり、風邪の予防にもなるといわれています。

R1ヨーグルト
出典:amazon

 

豆乳ヨーグルトダイエットのやり方

朝食豆乳ヨーグルトダイエットのやり方は簡単、いつでも好きなときにヨーグルトを食べるだけ。
ただし、1日の量は200g程度にとどめましょう。
豆乳ヨーグルトは消化が遅く、腹持ちがいいので間食や食前に食べると食欲を抑えることができます。
また、たんぱく質や脂質といった身体を働かせるのに必要なエネルギーを働かせるためにも、朝食として食べることもおすすめです。

 

ダイエット効果を上げるコツ

姿勢豆乳には「大豆サポニン」という成分が豊富に含まれています。
この大豆サポニンは、代謝を落とさずに脂肪を燃焼する働きを持っています。
さらに豆乳に含まれるたんぱく質は身体の組織を作ったり筋肉を作るのに重要な栄養素。
そこで、ウォーキングや筋トレなど、身体に負担がかかりにくい軽い運動を取り入れることでダイエット効果がグンとアップします。

 

まとめ

ヨーグルトグラノーラ誰でも簡単にチャレンジできる豆乳ヨーグルトダイエットですが、牛乳でお腹が痛くなる方には本当におすすめ。
腸内環境を良くすることで得られる健康効果はたくさんあります。
ぜひ普段の食生活に豆乳ヨーグルトをプラスして、今までより生き生きした生活をすごしてみませんか?