運動がダイエットの全てではない!”心理学”を使ったダイエット方法

心理学を使ったダイエット方法とは?

考える心理学を使ったダイエットとは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚など、あらゆるものを使うことで自分の食欲を抑えたり、自分は満たされていると錯覚を起こさせることによって太ることを防ぐダイエット方法のことです。

 

音楽を聴いてホルモンを出そう

リラックスあなたは楽しかったとき、幸せだったときにご飯をたくさん食べずに済んだことはありませんか?
それは幸せホルモンであるセロトニンが分泌されていることが関係しています。
このホルモンが満腹中枢を刺激して食欲が抑えられます。
セロトニンを増やす音楽はモーツァルトの曲が有名。
それとは逆に速い曲は食事のスピードが上がってしまい太りやすくなってしまうので注意しましょう。

 

お皿を変えてみよう

皿お皿のサイズを小さくすると普段の量と同じくよそってもたくさんに見えますよね。
大皿の料理は必ずとりわけましょう。
スプーンを使うなら小さなスプーンを使いましょう。
実際に、大きなスプーンを使うと小さなスプーンを使った時より2倍近く食べていることが判明したのです。
そして、よそう回数も増えるのでより満腹中枢を刺激するようです。
いつもより小さいものを使うとたくさん食べた気になり、満腹中枢を刺激し満腹感が出ます。

 

色を考えて痩せよう

ごはん色も関係しています。
例えばご飯の色が白いのに白い器に盛ったとしましょう。するとどうでしょうか。
ご飯と器の色の違いがはっきりわからず多めによそってしまうのです。
92%の人が実験で白い器に多くよそっていたことが分かっています。
ご飯などをよそう場合には色の違う器によそうように注意しましょう。

 

服に気を使って痩せよう

歌う服もまた関係があります。
普段来ている洋服の中で一番小さくピッタリしたタイプの洋服を3日に1回着用してみて下さい。
そうすると、自分の体系を視覚でしっかりと認識することができます。
そうすることで太っていくことが防げるそうです。
それとは逆に、刑務所などの大きめのサイズの洋服を着ると自分の体のラインが見ることができないのでどんどん太っていってしまうそうです。

 

一緒に食べる人数で痩せよう

ライフスタイル大勢で食べるときは普段以上に食べてしまうことが多いようです。
7人以上で食事をしたときは1人の時の96パーセント多く食べてしまうようです。
大人数で食べるときは注意した方がよいですね。

 

心理学を使ったダイエットの注意点

3:3:7の睡眠の法則を活かしてダイエットしよう!心理学を信用しすぎて他になにもしなければ、もちろん痩せることはできません。
他のダイエットと併用しながら、有効的にとりいれましょう!