日常生活に取り入れよう!簡単体幹トレーニング

体幹は、簡単に言うと身体の胴体部分の筋肉のこと。
体幹を鍛えることで、基礎代謝があがったり、身体の歪みが治り姿勢が改善されたり、バランス感覚が良くなったりとたくさんのメリットがあります。

しかし体幹トレーニングと聞くと、やり方やコツを掴むのが難しかったり、「◯◯回を△△セット」などとなんだかめんどくさそうなイメージがありますよね・・・
やれトレーニングだ!と気合いを入れなくても、日常的にできる動きに少しプラスするだけで体幹を効果的に使うことができます。

 

日常的にできる体幹トレーニング

普段の生活の中でしている動きを利用して、体幹を鍛えちゃいましょう!

■立ったままで靴下を穿く
靴下や靴、ズボンを立ったまま穿くことは下腹の引き締めに効果あり。
バランスをとるのが少し大変に感じるのは体幹を使っている証拠です。
毎日行うことでだんだんと難なくこなせるようになりますよ。

■歩幅を広げて歩く
歩く足を伸ばしてリズミカルに、いつもの歩幅のだいたい1.3倍の歩幅で歩くように意識しましょう。
腰回りの筋肉を刺激して骨盤の歪みも改善できるとか。

■早足で歩く
早足で歩くことを意識します。
いつも歩いている距離なのに、少し身体がぽかぽかと温まって感じられるはず!

 

階段■階段の上り下りでかかとをつけない
階段を上り下りするときにかかとを少し浮かせて歩くことでインナーマッスルを刺激します。
いつもより小さい範囲で身体を支えることになりますので、急いでいるときは注意しましょう。

■階段を一段飛ばしでのぼる
さきほどの大股歩き同様の効果あり。
少年のような気持ちで階段を駆けあがっちゃいましょう!

 

ウォーキング■段差や坂道を積極的に歩く
こちらも平坦な道を歩くことに比べてバランスを取る必要があるため、体幹強化に効果あり。
自宅や通勤でも階段を積極的に使いましょう。

■電車や家、オフィスで座るときは少し足を浮かせる
毎日のそれやっちゃダメ!老化が進む7つの習慣日常生活の中で座るタイミングはたくさんありますよね。
最初は3分だけ浮かせる!などの時間を決めて、その間は地面に足をつけないようにしましょう。
徐々に時間を伸ばしていけば、毎日が立派なトレーニングになります。

■電車の揺れに合わせて身体をねじる
電車つり革につかまり、電車の揺れに合わせておなか意識しながらねじることで腹しゃく筋に刺激を与えることができます。
電車の揺れさえもエクササイズに利用しちゃいましょう!やりすぎると変な人に見られるので要注意・・・

歩く

日常生活の中でも体幹に効果的に刺激を与えるタイミングはたくさんあるんですね!
毎日意識して周りと差をつけちゃいましょう!