寝る前30秒の「ラクダポーズ」でスッキリボディをゲット!

この寒い季節、低体温の人やこの寒さで体が冷えているという方はもしかすると内臓までも冷えてしまっているかもしれません。
内臓が冷えるとどのような弊害があるかというと消化機能が弱まり、基礎代謝が下がり、太りやすい体になってしまうのです!せっかくダイエットを頑張っているのに体が痩せる準備が出来ていないなんてもったいないですよね。
そこで今回は痩せやすい体を作る「ラクダポーズ」をご紹介します!

簡単らくらくラクダポーズって??

ラクダポーズ
ラクダポーズとはヨガのポーズの一つであり、全身を刺激できるポーズなので、それぞれのパーツの機能を高めてくれる効果があります。
やる時間はたったの30秒!寝る前に出来てしまうヨガポーズです。

ラクダポーズはここに効く!

呼吸
・お腹、ヒップ、背中の引き締め
・便秘解消
・消化器官の活性化
・むくみの改善

などに効果的です。

他にも効く!ラクダポーズで得られる効果

腰痛
他にも
・バストアップ
・猫背の改善
・肩こりの改善
・冷え性の改善

に効果がありますよ。

ラクダポーズをやる前の準備


☆内臓を刺激するポーズですので、食後すぐにやると気持ちが悪くなります。なるべく空腹時になるようにしましょう。

☆急にこのポーズをやると体、特に腰や首を痛める原因になってしまいますのでやる前にストレッチを十分行いましょう。(体が硬い人は特に)

さっそくやってみよう!!

1、まず立ひざで座ります。
2、右手を後ろに回し右のかかとに合わせます。(左手も同じように左のかかとに合わせます。)
3、お腹を前に突き出して後ろの方に体を伸ばすイメージで反ります。
4、目線を一点に置き、呼吸を続けましょう。
☆このポーズを30秒キープします。

▼詳しくはこちらから

ラクダポーズをやるときのポイントと注意点

注意

☆首と腰にかなりの負担がかかりますので、その部位をしっかり伸ばし痛めないように注意しましょう。それでも痛い場合はやるのを控えましょう。
腰が痛い場合…手をかかとにつけず、軽く伸びるだけにしましょう。
首が痛い場合…首の力を抜かずにしっかり伸ばしましょう。

☆背骨はねじらず出来るだけまっすぐ伸ばしましょう。

☆立ひざを行うのでひざにトラブルがある方は注意しましょう。

☆また、高血圧、低血圧、偏頭痛をお持ちの方は血流が変化しやすいので同様に注意が必要です。

☆無理は禁物です。出来る範囲で行いましょう。

体が固くて出来ない場合は…?

クッション
☆体が固くて出来ない場合は腰に手を添えた状態でやっても大丈夫です。また、クッションをふくらはぎの上に置いてそこに手を置くという方法もあります。

☆腰痛が酷くて出来ないという方もいらっしゃると思います。なのでまずは「ネコのポーズ」で背中や腰の柔軟性を高めましょう。
ネコのポーズを続けることでラクダのポーズも辛くなくなるでしょう。

■ネコのポーズのやり方■
1、まず四つんばいのポーズになります。
2、肩を後ろにずらし、リラックスした状態からお尻を突き出し、背骨を意識して反り上げていきます。
3、吐く息に合わせて背中を押し出すイメージで体を丸め、顎を引いて目線はおへそに向けます。
☆これを無理がない程度に繰り返します。
☆なるべくゆっくり行いましょう。

▼詳しくはこちら

何事もやりすぎは禁物です。効果を得たいからといって無理をして体を痛めてしまっては逆効果です。自分が出来る範囲で気持ちよくやってくださいね♪